So-net無料ブログ作成
検索選択
サッカー ブログトップ

カルロス・レシャックとは? サッカー 指導者&元選手  [サッカー]

まずはカルロス・レシャックとは・・・

md_f.png
カルロス・レシャックまたはカルラス・ラシャック(Carlos Rexach, Carles Rexach)、スペイン・バルセロナ出身の元サッカー選手でありサッカー指導者です。
誕生日は1947年1月13日
現役時代のポジションはフォワード。
カタルーニャ人であるため彼の名前はカルラスとするのがより正しいが、日本ではカルロスとして知られた。



選手としては・・・
1965年にFCバルセロナでプロデビューした。
1981年までの間、17シーズン、665試合に出場して、
211得点を挙げました。
1971年には29試合で17得点を挙げて、ピチーチ(得点王)を獲得しました。



選手としての生活で目立った活躍としては以下のようなものがあります。
<1974年>チャンピオンズカップ・フェイエノールト戦、
ヨハン・クライフのアシストからハットトリックを達成。
<1978年>コパ・デル・レイ決勝UDラスパルマス戦、
2得点を挙げて3-1で勝利し、マン・オブ・ザ・マッチに輝きました。
<1979年>ヨーロッパカップウィナーズカップ決勝・フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦で
4点目のゴールを挙げ、4-3で勝利しました。

指導者として
引退後、1981年~1987年まで、バルセロナBの監督を務めました。
<1987年>FCバルセロナのコーチに就任した。
当時監督を務めていたルイス・アラゴネス、ヨハン・クライフの下で働き、
1990年-1991年シーズンからのリーグ戦4連覇に貢献する。
1995年-1996年シーズン途中でクライフが健康上の理由で辞任すると、
シーズン終了まで監督を務めました。

スペイン帰国後の2001年から2002年にかけては、再びバルセロナの監督を務めた。
特筆すべき成績は残せなかったが、後にバルセロナの最年少得点記録を作ったリオネル・メッシが入団テストを受けに来た際に当時13歳に満たなかった彼の才能を見出して、
「彼は天才だ。紙ナプキンでも新聞紙でも、なんでもいいからサインさせろ」と言って契約を結ばせたエピソードが知られています。

今、話題の魅力ある人物である!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
サッカー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。